症状別おすすめの改善法や治療法

症状一覧 (順不同)

サプリメントを利用する人が最近とても多くなってきていますが・・・

サプリメントを利用する人が最近とても多くなってきています。体に必要な栄養成分を速やかに取り入れることができるサプリメントは、大きな利点があります。医薬品とは異なり、食品に分類されるサプリメントは副作用のリスクが低いと考えられがちですが、副作用が全くないわけではありません。

 

サプリメントの副作用として代表的なものがビタミン過剰症です。過剰摂取をしても水溶性のビタミンであれば尿として対外に排出されます。水には溶けず、油に溶けだすタイプのビタミンはビタミンA、D、Kで、体内の脂肪への粘着性があります。

 

サプリメントでミネラルを摂取する時はバランスが大事です。過剰症のリスクが高いようなミネラルも中には存在しているためです。偏ったものを大量に摂取することのないように注意したほうが良いでしょう。サプリメントを使いたいけれど、病気の治療のために薬を飲んでいるという方もいます。

 

サプリメントと薬との飲みあわせで、問題が発生する場合もあります。ビタミンCは、鉄排泄剤などと一緒に摂取することで、尿路結石ができる危険性があるといいます。

 

血液をサラサラにする効果があるとされているビタミンEは、それ自体は体に必要な栄養素ですが、抗凝固剤や血栓防止薬と併用すると薬の力が弱まるといいます。サプリメントとサプリメント、サプリメントと医薬品など、飲みあわせて初めて出るような副作用もあります。

ビタミンは人間に必要不可欠な栄養素ですが・・・

サプリメントでビタミンを摂取している人はかなり多いようです。多様なサプリメントがある中、比較的利用者が多いものがビタミンサプリメントです。ビタミンは人間に必要不可欠な栄養素ですが、だからといってたっぷり摂取すればいいものではありません。

 

どのようなビタミンを摂りすぎると副作用がおこるのでしょうか?ビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分けられます。水に溶ける性質があるビタミンは、ビタミンCやBです。過剰摂取をしても体外に出すことができます。

 

脂溶性ビタミンであるビタミンA、K、D、Eは吸収力が強いビタミンであるといいます。体から排出されないので、大量に摂取すると過剰摂取になることがあります。脂溶性ビタミンを大量に摂取した場合には具体的にどのような症状が起こるのでしょうか?

 

吐き気がひどくなったり、めまいや頭痛があるのは、ビタミンAを過剰に摂取してしまった場合です。体内にビタミンEが多過ぎると、細胞の硬化がカルシウム沈着などによって発生します。水溶性ビタミンにも実は副作用があります。

 

1日に10グラム以上もビタミン剤などで摂取してしまうと、一過性の下痢や嘔吐の可能性があるといいます。体にいい栄養はできるだけたくさん摂りたいという気持ちから、ビタミンサプリメントを飲みすぎてしまう人もいます。

 

サプリメントを摂取する時には、副作用の危険性をできるだけ低く抑えるにはどうすればいいかを調べておくことが大事です。

ミネラルサプリメントは飲みすぎないようにしましょう

サプリメントの中でもミネラル系のものを摂取している人も結構多いようです。副作用が起きないよう、ミネラルサプリメントは飲みすぎないようにしましょう。糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、タンパク質の5つが、人間が食べ物から補給しなければならない栄養素だと言われています。

 

先進国では一般的に3大栄養素の摂取量は豊富だといわれています。しかし、運動などで体内のカロリーを燃焼させることが少なく、健康維持のためには欠かせないミネラルやビタミンが欠乏気味です。

 

健康のためには、不足しがちな栄養素を含む食材を意識して日々の食事に組みこむべきですが、忙しい人達にとって食事の仕度は困難なこともあります。不足しがちなビタミンやミネラルをサプリメントで摂取するのが一番手軽な方法だといえます。

 

扱いが手軽で飲みやすすぎるために、栄養素を過剰に取り入れすぎて副作用の症状が出たりします。過剰に摂取すると、特にミネラルは体調不良の原因になることがあります。葉酸、カルシウム、鉄、マグネシウム、ヨウ素は過剰摂取による副作用に注意しなければならない成分です。

 

ビタミンAには、レチノールとβカロチンが含まれていますが、レチノールを大量に摂ると頭痛、吐き気、発疹、疲労感などの副作用があるといいます。ビタミンDは骨へのカルシウム沈着を促す重要な栄養素ですが、乳幼児の過剰摂取は臓器や血管にカルシウムがつきすぎてしまうことがあります。

 

多量のナイアシンを摂取すると、肌がかゆくなることがあります。サプリメントの飲み過ぎで副作用の弊害が出ないよう、ミネラルサプリメントを使う時は気をつけてください。